TOP

ジャッカル



登場:原作(17〜25話)TVアニメ版(11〜13話)
   劇場版、PS版、真北斗無双、他
肩書:ウォリアーズのリーダー
流派:南斗爆殺拳
CV:加藤正之(TVアニメ版)
   大竹宏(劇場版)
   江川央生(PS版)
   高塚正也(真北斗無双)
   浜田太一(DD北斗の拳)
   前田剛(DD北斗の拳2)
   堂坂晃三(リバイブ)


 野盗集団のボス。獲物を追い殺す執拗さを持つ一方、強い男との戦いを避けることで確実に獲物を手に入れるという狡猾さも併せ持つ。自分が生き残るために部下を平気で切り捨てたり、嘘によって相手を懐柔したりもする卑劣漢。ダイナマイトを用いた戦法を得意とし、ジャケットの下に常に大量に仕込んでいる。かつて超凶悪犯のみを投獄した地底特別獄舎「ピレニィプリズン」に囚われていた脱獄囚。

 ジョニーのバーでのケンシロウタキの会話を盗み聞きし、密かに後を追跡。トヨの村の井戸から水が出たのを確認した後、ケンシロウが去ったのを見計らい、村の井戸を占拠した。その後、トヨに銃撃されるも、身体中に巻きつけたダイナマイトを見せ、発砲できないようにして制圧。撃たれた恨みを込め、トヨの目の前で子供達を絞首刑にしようとしたが、ケンシロウが戻って来たため、その場は引くことに。子供達にダイナマイトをセットし、走り回らせることで、己たちが逃げるための時間を稼いだ。

 その後、フォックスを犠牲にしてケンの追撃をかわし、ビレニイプリズンへ帰還。だが既にケンに先回りされており、部下達にまで裏切られたため、監獄に眠る「悪魔の化身(デビルリバース)」を解き放つことを決意。の写真を見せ、自分は生き別れの兄だと騙すことで、悪魔の懐柔に成功した。しかしそのデビルもケンシロウに敗北し、最後は助けを求めるデビルの手に握られ、動けなくなったところに自らのダイナマイトをセットされ、「弟」と共に爆死した。


 TVアニメ版では、「ウォリアーズ」というチーム名がつけられ、KING傘下の組織という設定に。ビレニィプリズンでケンシロウに殺されそうになった際には、ジョーカーに救われ、デビルリバースを使ってケンシロウを抹殺するよう命令された。その際にジョーカーから、デビルの母の写真を受け取っている。また、ダイナマイトを投げる技に「南斗爆殺拳」の名称が与えられたが、ケンシロウからは「火薬に頼ってなにが拳法だ」と罵られた。


 北斗の拳3-新世紀創造 凄拳列伝-では、トキを捕らえてカサンドラに収監する役目を与えられている。

 劇場版 北斗の拳では、ジャギの部下として登場。仮面の下の素顔を見て吐き気を催したことで、ジャギに殺された。



[解説]
 映画「マッドマックス」の敵の親玉トゥーカッターを元としたキャラクター、ジャッカル。その狡猾さや卑劣さも、モデルとそっくりな外道キャラに仕上がっている。ケンシロウとは戦わないというその信念とも言える処世術は、北斗の拳という作品に新たな風を吹き込んだとも言える。

 最終的には惨めな最期を迎えるわけだが、彼は作中で最も「惜しかった」人物と言えるだろう。なにしろトヨの銃撃の音さえ聞こえなければ、あのまま水場を占拠してジャッカルの「完全勝利」だったのだ。ケン達とは数十台のバイクの音も届かないくらい離れていたわけだし、トヨが銃を持っているという情報も無かったので、ジャッカルには全く落ち度は無かった。彼がケンシロウに負けたのは、運が悪かっただけなのだ。圧倒的な力を持ちながらも、変なこだわりをもってケンを生き長らえさせたことで敗北したカイオウやサウザーらよりも、あの程度の実力で後一歩まで勝利に近付いたジャッカルこそが、ケンシロウと最も善戦した悪役だと言えるだろう。