TOP

雷暴神脚
らいぼうしんきゃく



流派: 北斗神拳 北斗劉家拳 西斗月拳
使用した人物: ・霞拳志郎(対 張太炎)
 …蒼天の拳(74〜75) ※3回
・霞拳志郎(対 銃弾)
 …蒼天の拳(94話)
・霞拳志郎(対 銃弾)
 …蒼天の拳(123話)
・霞拳志郎(対 流飛燕)
 …蒼天の拳(130話)
・霞拳志郎(対 劉宗武)
 …蒼天の拳 (221〜222話) ※2回
・霞鉄心(対 李散)
 …蒼天の拳(74話)
 ※エピソードのみ
登場した作品: 蒼天の拳(74、75、94、123、130、221、222話)



 蒼天の拳に登場した、北斗神拳に伝えられる飛翔軽功の術。人の目では捉えられぬ、弾丸が如き速度での移動を可能とする。凄まじい脚力を要するため、元いた場所には、鉄の壁面に足跡が残る程の衝撃の跡が残される。跳弾のように天井で跳ね返って移動するという使い方もあり、その場合も同様に天井にも手の跡が残される。
 霞拳志郎張太炎無影脚に対抗するために使用し、相手の高速の攻撃を更に上回って見せた。かつては父・霞鉄心もその術を用い、拳仙・李散の神速を超えたとされている。

 その後も多くの場面で使用されており、弾丸を躱したり、劉宗武との間合いを詰めるためにも用いられている。しかし流飛燕戦は、さらにその背後を取られるという描写があった。
 劉宗武やヤサカもこの技と思しき軽功術を披露しているので、北斗神拳のみの奥義というわけではないらしい。