TOP

マダラ



登場:原作(32〜33話)TVアニメ版(27話)
肩書:牙一族で最も野獣に近い男
流派:華山分裂拳
CV:蟹江栄司(TVアニメ版)
   東條大輔(PS版)
   下山吉光(リバイブ)


 牙一族の中で最も野獣に近い男。ケンシロウの殺気に怯え、牙大王の制止を聞かずに襲撃。鋭い牙で噛み付くが、秘孔頬内によって顎の力を喪失させられ、更に蹴りを喰らって牙を折られた。もう一つの武器である鋭い爪と腕力で再度襲い掛かるも、今度は秘孔で手を破壊され、最後は裏拳を喰らい爆死した。

 TVアニメ版では、仲間の弔いのための生け贄調達に連れて行かれ、命令を無視して次々と村人を殺害。鉄球に繋がれ、檻に入ったまま送還された。
 また、ケンシロウ戦で使った分身技に「華山分裂拳」なる名前がつけられた他、その後ケンに喰らった技にも五指裂弾北斗破顔拳という名称がついている。


[解説]
他の奴らはともかく、こいつはどう考えてもケモ度が強すぎる。8割くらいは人間以外の血が入っている筈だ。牙大王さんは一体何との間に子供を作ってしまったのか。知りたいような、知りたくないような。

ちなみに「北斗の拳2000」なる書籍内での記述によると、彼は牙大王の第98子らしい。なんで記念すべき100人目にとっておかなかったのか。